split-bar

リハビリテーション科

概要

リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)によるもので、「再び適した状態になることまたは本来あるべき状態への回復などの意味を持っています

 自分の体にあったリハビリを行って痛みをコントロールし身体の機能的な回復はもちろんのこと自分でできることを減らさないまたは増やすことで 自信を回復させ心までケアすることで患者さまとご家族が 明るい生活を送れるようにサポートするのが リハビリテーション科の役割です


特色・方針・目標


リハビリテーションのながれ

  • 医師の診察
  • リハビリテーション処方
  • リハビリテーション開始
  • 患者様やご家族のご希望を考慮し、リハビリテーションの目標を設定します。
  • 身体機能や疼痛の改善、日常生活動作等の自立に向けてリハビリを行います。
  • 自宅での練習方法や介護方法をご指導致します。

施設基準

運動器リハビリテーションI
病院内2階、約300平方メートル以上のスペースで外来・入院患者様へのリハビリを積極的に行っています。 理学療法士による個別リハビリはもちろん、疼痛緩和のための物理療法機器も多種そろえております。

物理療法機器
ホットパック マイクロウェーブ パラフィン浴 上下肢バイブラ 干渉波 腰椎・頸椎牽引器

対象

運動器疾患リハビリテーション
関節リウマチをはじめ、上・下肢の外傷・骨折後の手術後、関節の変性疾患等の方々を主に対象としたリハビリテーションを行っています。

実施日

外来 月曜日〜土曜日(祝日を除く)
入院 月曜日〜土曜日

split-bar