split-bar

主な医療機器

当院には診療フロア・リハビリ室、入院フロアの他に検査室、手術室等を完備しています。
ここでは、主に検査機器を中心にご紹介いたします!

MRI検査について

MRI検査とは超伝導磁石が埋め込まれたトンネルの中に身体を入れ、磁石と電波の力により体の臓器や血管を撮影する検査です。当院で採用しております、オープンMRIは、圧迫感や、閉塞感、孤独感といった問題点を軽減し、従来のトンネル型(筒型)MRIでの検査を苦手としていた方にも、安心して検査を受けていただけます。


磁気共鳴断層撮影装置 ~オープンMRIシステム~

  • 特徴1
    患者さんの安心感のために新開発フルオープンガントリー
  • 特徴2
    検査時間の短縮のために超高速コンピューター&自動処理化
  • 特徴3
    多くの研究機関で採用されているSIGNAの技術を全て継承

CT検査(X線)について


全身CTスキャナー

全身の断層面が簡単に撮影できる装置です。主に、頭部・胸部・腹部の断層撮影検査を行い、手術前の検査や術後の経過観察など幅広く利用します。
これにより診療レベルの向上と画像診断の飛躍的進歩が実現いたしました。


X線透視室

X線透視を行うことで、テレビと同じように動画としてみることができる検査です。
主に、胃や大腸、胆嚢の内蔵や血管や気管支などの検査を行う装置です。胃透視などでは、バリウム等の造影剤を飲み、食道・胃・十二指腸・小腸などの形態・粘膜の状態を見ながら検査ができるので、大変便利です。


レントゲン

手軽で身近な画像検査として、いくつかの病気が疑われる時に、その原因のふるいわけなどに用いられます。
妊娠中の方、または妊娠の可能性のある方はお知らせください。


骨塩室

塩量測定検査を行う検査室です。骨の中にあるカルシウム、マグネシウムなどの骨塩量(ミネラル成分量)を測定し、骨塩量が多いか少ないかを調べる検査です。
検査時間も約1分と短く、被ばく線量も低い装置を採用しております。
当院では3カ所測定するため、より正確な骨塩量がわかります。


内視鏡検査について


内視鏡検査装置

「胃カメラ」ともいわれます。内視鏡を胃の中に入れて、先端についている超小型のカメラで胃の中の様子を直接モニター画面に映し出して観察します。
また、当院では鼻からも入れられる小さいサイズの内視鏡カメラを採用しておりますので、鼻からの挿入も選択頂けます。 鼻からの挿入は、以下のような特徴があります。

  • 嘔吐感が少ない。
  • 医師と話しながら検査できる。
  • 麻酔による体への負担が少ない。

手術室について


手術室

当院の手術室は2部屋(大手術室、小手術室)となり、様々な手術に対応出来る手術室を完備しております。
手術室2部屋は洗浄度クラス1000のバイオクリーンルームやLED型無影灯など、最新鋭の手術室です。
特筆すべきは、「人工関節置換術」(じんこうかんせつちかんじゅつ)の実績です。
人工関節置換術は、関節のいたんでいる部分を取りのぞき、人工の関節に置きかえる手術です。
関節の痛みの原因となるものをすべて取りのぞくので、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果が大きいのが特徴です。
当院はこの手術に対して、数多くの実績を誇っております。


その他の設備について


入院施設

清潔で居心地の良い居室を心がけています。設備や装備等はお部屋のタイプによって異なります。
個室を希望される方は、あらかじめご相談ください。売店、販売機等が院内にございます。

  • 個室

    個室

  • 準個室

    準個室

  • 特別室

    特別室

  • 多床室

    多床室


  • 売店

    売店


split-bar