split-bar

地域包括ケア病棟のご案内

井上病院では、怪我や病気に対して早急に対応する急性期医療を提供しております。
しかし、急性期治療を経過し、症状が安定しても在宅での生活に不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できる患者さんが安心して退院できるよう、当院では平成29年10月より5階病棟を「地域包括ケア病棟」として運用することとなりました。

地域包括ケア病棟とは

急性期の治療が一段落し病状が安定した後、引き続き在宅復帰に向けて治療・看護・リハビリ等をおこないながら、在宅復帰を支援する病棟です。また、退院後安心して生活が送れるよう、介護保険を利用したサービス等もおこないます。

どんな場合に入院するの?

高度急性期や急性期からの受入れ

高度な医療を提供する病院や病棟での急性期の治療を終えた方の受入れ

在宅からの緊急時の受入れ

自宅や施設で療養中の方でお困りの方

在宅・生活復帰のための支援

自宅で生活する気持ちの準備と、必要な心身機能の回復

患者さんへのサポート

地域包括ケア病棟では、医師や看護師、リハビリスタッフが患者さんの在宅復帰に向けて、治療・支援をおこないます。
また、医療ソーシャルワーカーが中心となり患者さんの退院支援、退院後のケアについてサポートします。
退院に向けてのサポートでは介護保険を利用した在宅療養支援施設、特別養護老人ホームなどへの入所についても支援いたします。

入院期間は?

入院期間は患者さんの状態に応じて調整いたしますが、保険診療上の上限は60日が限度となります。

入院費用はどうなるの?

入院費用は下記の表の通りです。(1日あたり)

 入院14日まで入院15日以降
地域包括ケア病棟入院料125,580円25,580円
看護職員配置加算1,500円1,500円
看護補助者配置加算1,500円1,500円
救急・在宅等支援病床初期加算1,500円
合 計
(自己負担額)
30,080円
(1割:3,010円 3割:9,020円)
28,580円
(1割:2,860円 3割:8,570円)

※高額療養費制度も利用可能です。
※リハビリテーション、入院中の投薬、注射、簡単な処置、検査料、画像診断料が含まれます。
※手術、麻酔、入院基本料の一部、抗がん剤などの国が定める除外薬剤は費用に含まれず、別途請求となります。


split-bar